あと30秒

世間はごーるでんうぃーくですが、のんびり走るほど自由時間がないので朝から正蓮寺
通勤バッグをTimbuk2のメッセンジャーバッグからVaudeのリュックに衣替えしたので、ちょっと動きやすい。
よーし
気合い入れて上ってみよーーーー



ぜぇぜぇ言いながら半分くらい上ったとこで
後ろに人がいることに気付く
おぉ~!
いつの間に!!!!!!!!!!!
「速いですねぇ」
と言いながら、あっさり抜いて工石山を目指して行かれました
 ムリムリ!そんなスピード
山が速いってあんな人のことなんでしょうねぇ
 みるみる差が開いていくのに、私の脚はもう限界
「そのペースなら20分切るんじゃないですか!?」
その結果は?
20分29秒
うーん、工事中のとこからペース落ちたのが敗因だな
 ちゅーか、そもそも最後まで脚がもたないんだけどね
定点撮影的、高知市内
月初めよりすっかり緑が濃くなってますな
イメージ 1
今日は豪華客船が入港するって聞いたんだけど、ここからじゃちょっと見えません
正蓮寺ですっかり力尽きたのでプラプラ走ってたら土佐道路の消防署の前で車と原付の交通事故に遭遇しましたよ
怪我は無さそうやったけどね
事故処理が始まったのでまた春野に向かってプラプラ走ってくと、
荒倉トンネル越えたところで渋滞が
イメージ 2
さっきの消防署に救急車が居ないなと思ってたらこちらにおりました。
 こっちはかなり大事故っぽい
事故はするのもされるのも嫌ですなぁ
ホント気をつけてください
そして午後からは子守なのでした
イメージ 3
 明日もがっつり子守

根曳峠でドッキドキ

よーく降った雨も朝には止んでくれましたね
雨男とはいえ、雨が降ってる中を走り出すのは好きくないのです
晴れたからには走りましょう!
と思って天気予報見てたら強風注意報
やっぱりね 雨上がりは風が吹くのです
Cubにしようかと思ったけど、久しぶりにGSXRで
根曳峠を駆け上がってみました
イメージ 1
すっかり寂れて自販機すらない峠の茶屋
20年ほど昔はよく通ってたなぁ(笑)
 あの頃走ってたヤツらは何してんやろ?
4往復ほど運動
峠も10年ぶりくらいなのでまともに曲がれません
愛車もすっかりお爺さんなので労って走らねば(笑)
イメージ 2
国道32号線も久しぶりに走ってみましたが、
相変わらずトラックが多いですね
高速が高知市まで延伸したときはガラガラに空いてたのに、不景気とともに交通量が増えました
新緑の山にガソリンをまき散らした後はスポーツデポに寄って自転車用品をお買い物
子どもの自転車にもパンク修理キットを積まねばならんのですよ
イメージ 3
まもなくGWですねぇ
私はまーーーったく遊ぶ予定がございませんが、
GW中は高知新港に大型客船が来るようなので、花海道~桂浜近辺はいつも以上の大渋滞が予想されますので、走り回る方は事故にご注意くださいませ
あぁ野宿がしたい

おっぱっぴーの続きです

安芸出発須崎行きのおっぱっぴーコース
他のコースは車で行ってぐるりと回れるコースなのに、これだけは行きっぱなしの設定
これは輪行しかない!
と思い立ったのが朝の7時半とゆー無計画さ
yahoo!路線でごめんなはり線を調べたら
8時30分、9時19分、10時19分。
8時30分はさすがに不可能、9時19分に間に合うのか!?
とゆードタバタで昨日の日記に至ったわけです
ちなみに、自宅から高知駅まで40分かかります(笑)
さて、そんな感じで10時半に安芸市を出発
イメージ 1
国道は通らず真っ直ぐ海を目指して、
漁港沿いを西へ
日本一高い防波堤・・・やけど津波はこれを越えるかもしれんがやねぇ
海沿いをのんびり走りながら、「ベーカリーショップ フジムラ」さんのパンを食べようかと思ったら
イメージ 2
まだ11時ながやけどぉ
 でも開店は11時から
まだ3kmしか走ってないんやけどぉ
 パンはもっと走ってからでもえぃやんか
獲れたてのドロメは美味しいよねぇ
 今なら席は空いてるって
イメージ 3
行ってもた~
イメージ 4
釜揚げしらすとドロメのハーフ&ハーフ丼
あっとゆーまに完食ですよ
ここからはカロリー消費に努めねば!
安芸しらす食堂を出ると空に晴れ間が出て来て海の青さも増してます
イメージ 5
こちらは高知安芸自転車道
自転車道とはなってますけど、とっても走りにくい道です
でこぼこだし、砂は浮いてるし、落ち葉も凄い!
ロードバイクでビューーーーーンと走りたい人は国道走ってくださいませ
 海が近いので眺めは最高です
そして、ここは自転車道と言いながら自転車よりお遍路さんの方が多く、
こんな休憩所もあります
イメージ 6
こ、こわいんですけど
松原を抜け~
イメージ 7
砂浜を抜け~
イメージ 8
河童を横目に
イメージ 9
ヤシィパークに到着
イメージ 10

安芸市からここまで17km、約1時間でした
スタート直後から補給しちゃったので、ここでの休憩はなし
頑張って須崎市を目指しますよぉ
イメージ 11
イメージ 12
おいっ!
どーぞツッコミ入れてください
やっぱり香我美まで来たらドルチェかがみさんに寄っとかないと
 これでも一応迷って店の前でぐるりと一周したがやき
道の駅夜須から西は自転車道は無く、少し国道走行してから県道14号へ
桂浜方面へ曲がれば間違いなし!
でも、あまり広い道でも無いし、大型トラックも通るのでちょっと緊張します
高知空港の横を通って
イメージ 13

ひたすら西へ
物部川を渡ってから桂浜の手前まで、まったく海は見えないし、
景色がいいわけでもないので我慢区間ですねぇ
 下手すると強烈向かい風区間やし
高知市内に入り、浦戸大橋の入口が近付いたらコースは左へ
イメージ 14
種崎千松公園に入っていきます
そして突き当たりの堤防を右へ進むと
イメージ 15
県営渡船
浦戸大橋は道幅激狭斜度強烈な難所なので、自転車をついて歩道を歩くか、斜度10%を30km/hで駆け上がってください
 
で、こちらの県営渡船は自転車無料
時刻表はこちら(ページの下の方に表があります)
東側が種崎で西側が長浜ですよー
イメージ 16
浦戸大橋を横目に長浜へ
そして、ちょっと遠回りになったけどもう一度海へ
イメージ 17
あの辺から来てぇ
イメージ 18
この指先の辺りに行くよぉ
この辺りは走りなれた道なのでブログ的ネタがない
仁淀川を渡って土佐市の新居地区観光交流施設南風(まぜ)まで来ました
イメージ 19

時刻は14時
おやつには丁度いいですねぇ
写真撮り忘れたけど、安芸から運んで来たパンをいただきます!
この先はほんといつも走ってるコースなので余裕
辛いのが目に見えて分かる
県はどーして最後に山を持ってくるコース設定にしたんかなぁ
安芸からここまでは本当に山と呼べるとこはなくって、貧脚でも走りやすいですよ
宇佐に入ると親子くじらがお出迎え 
イメージ 20
左がおっぱっぴーのコース
ここまでで時間押してるとか、脚が売り切れた人は真っ直ぐ行ってくださいね
 横浪コースよりはちょっとだけマシ
イメージ 21
横浪に入るといきなりコレ
イメージ 22
10%の上り坂
上って終わりならまだしも、
イメージ 23

上ったら下りますぅ
そしてまた上る
人気もないし、コンビニもない
 自販機はちょっとだけある
脚と時間と心に余裕のある人だけにお勧めです
いくつもの山を越えてセメント工場が見えてきたら須崎市到着
イメージ 24
もうヘロヘロなんですけど。
でもゴールは須崎駅
もうちょっとだ、ガンバレ
コースマップを頼りに、県道から国道に入って須崎駅へ
ゴーーーール
イメージ 25
おいっ!
コースが駅裏でゴールしちゅうき、駐車場でもあるんかなぁと思って来たけど、
何もないやんけっ
 担当者よ、ちゃんと現地確認しとけww
まぁ、そんなわけでもう一度駅前に移動して
イメージ 26
15時45分にゴールしました
走行距離はほぼコース図どおりの83km
実走データはこちら
さて、帰りましょうか。
輪行?
いえいえ
須崎から輪行すると家が遠くなるので自走です
帰り道は浦ノ内コースでのんびりと。
イメージ 27
無人販売で小夏が出てましたのでお土産にゲットしていきます
県の中級コースに「横浪黒潮ラインコース」も設定されてますが、
これも時計回りで後半が山なんですよねぇ
お土産を持って帰るなら、反時計回りの方がお勧めですよ